BLOGブログ

SDGsx建築x環境 シンポジウム☆報告

         

SDGsx建築x環境 シンポジウム 第1回 「地域から考えるSDGs」

群馬県をはじめとした行政の方々、他団体の方々、多くの出席を頂き終了しました!

〜2030年に向けて世界が合意した持続可能な開発目標〜

川久保先生からは”いまなぜSDGsが必要か”という話から、世界や日本政府の動き、私たち建築の分野がどのようにアプローチ出来るかなど、最新の情報を交えていつものように解りやすいお話でした。

環境配慮型建築の必要性、建築物におけるライフサイクルの社会的影響から、もっと上手く世界共通の言語であるSDGsを使い発信してほしい、と励まされました。

パネリストのひとりとして、”子ども達に持続可能な社会を残すために”
建築家として、母としての想いをプレゼンしましたが、もう1人の横堀さんのプレゼンを聞き、今回新たな気付きもありました。

・SDGsには地域や個人の特性があること

それらを洗い出し、自らの強み・弱みを知り、新たな目標を設定することにSDGsを活用してほしいとアドバイスをいただきました。難しく考えず、マッピングを楽しむのも気付きになります。

他に、ひとつのゴールに留まらず派生する行為がSDGs的に考えても持続可能性があることも再認識しました。

川久保先生から本質的なSDGsの理念を理解している好事例であるとの言葉を頂き大変光栄であると同時に、自他のマッピングから俯瞰的な視点を持てることがSDGsの意義であり次の成長につながることを実感し、深い学びの時間になりました

私の学びも建築分野のSDGsもこれからと思いますが、今回の”地域から考えるSDGs”に確実な手答えを感じ、JIA関東甲信越支部の環境委員として、引き続き地域や建築関係者の方、皆さんと一緒に考え学び合える機会を作り、持続可能な社会の実現に向けて貢献できればと思います。

 

 

上毛新聞 2020.2.25 に紹介されました。

ほかのBLOGを読む